企画出版おすすめランキング

企画出版おすすめランキング~費用・メリットまとめ

企画出版(きかくしゅっぱん)とは企画書の持ち込み及び企画・原稿募集をしている出版社に申込をすることです。

 

商業出版と呼称されるケースが多く、実際に商業出版の種類の1つであるのが特徴的になります。最大のポイントは自ら出版会社へ自信のある作品を売り込むという点になります。何も行動しない人には決してチャンスは訪れません。実際に企画出版でPRに成功して有名になった作家は山ほどいますからね。

 

また、1回失敗しても2回、3回、4回・・・と何度もめげない雑草魂を持つことが大切になります。通常は出版社の企画・原稿募集に初めて応募して一発で出版が決定するケースは稀です。よほどの強運か?実力がないと現実的に考えて難しいですね。

 

なお、このページでは企画出版おすすめランキング・比較に関するテーマや評判&口コミ評価に優れているサービスの厳選集などを紹介していきたいと思いますので、楽しみにしてくださいませ。前半は基礎編ということでチェックしてみてくださいませ。

 

企画出版費用は安い・格安って本当?

 

単刀直入に言えば著者の負担する費用は0円になりますので、自ら金銭的なリスクを負う事はありません。

 

貯金・貯蓄が一切無くても出版社が利益になる、売れると判断されれば世の中に自分の作品を出すことができます。

 

つまり、企画出版の値段・価格などの金額は一切気になる必要はないということです。

 

「激安・格安じゃないと~」などマネーに関する悩みを抱えている方にとっては朗報ですね。

 

企画出版メリット・デメリットは?

 

メリット

 

  • 著者が損失を負うリスクが無い(通常は)
  • 出版社から様々なアドバイスを受けることができる
  • プロモーションを自分でする必要が無い

 

ノーリスクで自分の夢を叶えることができるので、企画出版は非常に美味しいと言われています。ヒットすれば当然、印税収入も入りますので、生活も安定させることができます。1つの作品でも大ヒットすれば一躍時の人になり、年収3000万円以上も十分に狙うことができ、本当に成功すれば年収1億円オーバーも可能になります。狭き門ではありますが、挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。また、出版社は本を売り込むプロフェッショナルになりますので、プロモーションなどをしてもらえるのは嬉しいですね。自分にPRする能力が無くても安心です。

 

デメリット

 

  • 自分と出版社の考え方が違うと上手く進まない
  • 自分の理想を追求するのが難しい
  • 利益優先の作品になるケースが多い

 

まず、企画出版は原稿募集・企画持ち込みが一般的ですので、全ての方が願いを叶えることができる訳ではありません。デビューすることができるのは一握りですね。また、出版社は善意事業ではありませんので、利益を優先する傾向があります。結果的に自分の考えと相違することもありますので、著者には割り切る気持ちが必要になるでしょう。

 

企画出版おすすめランキング

 

企画出版を検討されている方に向いているサービスがあります。あなたの夢を叶えるために全力でサポートしてくれます!

 

まずは気軽に無料相談をしてみてくださいませ。

スポンサードリンク