カスタム出版おすすめランキング

カスタム出版おすすめランキング~費用・メリットまとめ

カスタム出版とは著者の自由な要望を受けて、出版社側がさらに魅力的な制作になるように特別仕様にすることです。

 

同義語としては「企業出版」があります。カスタム出版と企業出版の意味による違いは特別なく、それぞれの会社で呼称が異なるのが特徴的になります。同じ意味だがA社は「企業出版」、B社は「カスタム出版」をサービス名・商品名にしているイメージで良いでしょう。割合的には少ないのですが「ブランディング出版」と呼ばれていることもあります。

 

このページではカスタム出版費用安い・格安で依頼するコツや評判&口コミ評価に優れている出版社の比較ランキングを紹介するなど役立つコンテンツ作成を意識しています。まずは基礎的な概要を知って頂きたいので、「魅力的な部分」と「リスク・注意点」を理解して頂ければと思います。

 

カスタム出版のメリット・デメリット

 

メリット

 

  • 経営者・個人事業主なら名刺代わりになる
  • 集客力アップ・企業の知名度向上を狙える
  • 自由度の高い作品を作れる

 

本を出すことによってイメージアップに繋がることは間違えないでしょう。書籍を見て商品を購入したり、サービスの依頼をされる方も多いので職種や企業によっては大きなプラスになるはずです。実際にカスタム出版は費用対効果の高いプロモーションの1つとして近年非常に注目されています。また、目的を明確に伝えることで編集のプロフェッショナルである出版社が仕様をカスタムしてくれますので、高いクオリティになりやすいのもメリットの1つになります。例えば人材採用、知名度UP、個人の価値を高める、記念・思い出作りなど1人一人には本を出版する理由があると思います。オリジナル性に優れているという点も魅力・利点ですね。

 

デメリット

 

  • カスタム出版費用は全額自己負担
  • 印税で利益を出すのは難しい

 

費用は100万円~500万円程度が相場になりますので、ある程度の資金力が必要になります。それを負担して全く利益が出ない場合もありますので、リスクは覚悟するべきでしょう。もちろん、小規模であれば20万円程度からスタートすることができますが、一定以上のレベルを確保するには少なくても90万円~100万円程度は見ておくべきでしょう。

 

また、注意しなければいけないのはカスタム出版は直接的な利益を狙うのは難しいという点になります。間接的に信頼性アップ、集客アップ、知名度アップなどを狙うブックコンサルティングになります。「稼ぎたい」、「儲けたい」など一角千金を狙う方には向いていないと思います。

 

【決定版】カスタム出版おすすめランキング

 

既に知っている方もいると思いますが、この分野においてパイオニア的な存在になります。

 

圧倒的な実績と信頼性を確保されていますので、安心して依頼することができます。カスタム出版比較する上では欠かせない存在であると言えるでしょう。安い・格安で比較をしたい方にとっても要チェックです。

 

まずは気軽に無料相談をしてみてくださいませ!

スポンサードリンク