自費出版【名古屋市】

名古屋市の自費出版・企業出版一覧

東海地方最大級の経済規模を誇る。政令都市ですので名古屋市は千種区、中村区、熱田区、守山区、東区、中区、中川区、緑区、北区、昭和区、港区、名東区、西区、瑞穂区、南区、天白区の全部で16のエリアで構成されています。敷地面積はそれほど広い訳ではないのですが、人口数は国内でもトップクラスになります。まさに人・モノ・サービスの全て揃った都市になります。主要となるターミナルについては名古屋駅、熱田駅、金山駅、鶴舞駅、千種駅などが挙げられます。

 

さて、このページで紹介するのは名古屋市の自費出版・企業出版比較ランキングの徹底検証になります。評判&口コミ評価、さらには2ch(2ちゃんねる)噂を既に分析されている方もいると思いますが、本質的な部分や地元の地域密着型の会社一覧などを紹介していますので、どうぞ最後までチェックして頂ければと思います。

 

【決定版】出版社おすすめランキング

 

ビジネス書、自己啓発本、自叙伝など目的によってブランディングは異なると思いますし、多少の費用・料金の違いも考えられます。

 

まずは気軽に無料相談をしてみてくださいませ!

 

名古屋市の出版社・印刷会社一覧

 

自費出版【名古屋市】、カスタム出版(ブランディング系)、商業出版・企画出版以外のサービスについても掲載しています。

 

簡単に魅力を説明していますので、興味があれば覗いてみてくださいませ。

 

株式会社三恵社

 

本社所在地:名古屋市北区中丸町2丁目24番地の1

 

  • 教育支援出版システム
  • 小発行出版システム
  • オンラインショップ

 

上記に積極的で全国の多数の先生が利用している出版会社です。三恵社の自費出版システムにおいては自分史、趣味本、企業ブランディング、思いついた文章の出版など様々な状況や目的に対応されているのが特徴的になります。また、初心者には安心の専門スタッフによる制作サポートがあるなど不安や心配のある方でも気軽に依頼しやすいのがポイントになります。費用は数ある会社の中でも安い・格安の低料金を実現されているみたいですので、コストパフォーマンスを意識されている方においてもおすすめです。さらにはamzonなどネット書店大手でも販売できますので、流通の確保に期待を持つことができるでしょう。事業のハウツー本・ビジネス書・自己啓発系の分野においては企業出版・ブランディング出版の位置づけと言えるのかもしれないですね。

 

三恵社の評判&口コミ評価は今後も徹底検証していきたいと考えています。

 

ARM あるむ

 

所在地:名古屋市中区千代田三丁目1-12

 

100部程度の少部数出版でおすすめのサービスになります。ザックリ言えば初心者向けと言えるのではないでしょうか。自費出版のジャンルは自叙伝、小説、歌集、画集、写真集など様々です。趣味や経験を生かした本を出すことも可能になります。また、編集のプロによる適切なアドバイスやフォローなども評価の理由の1つになります。

 

株式会社活英社

 

所在地:名古屋市東区東大曽根町2-2

 

「印刷コンビニ」、「オンデマンド対応」でお馴染みになります。まずは気軽にお問い合わせをしてみてくださいませ。経験を活かした自分史を書籍にしてみたい方などは特に必見です!

 

エープリント

 

名古屋市熱田区波寄町20-14

 

個人出版に力を入れている企業の1つになります。あらゆる本作りに対応されています。例えば小説、旅行記、論文、闘病記、専門書、実用書、自分史、絵本、ビジネス書、同人誌など様々になります。本を作る簡単な流れについては下記の通りになります。

 

①原稿の作成→②入稿→③編集・表紙カバーデザイン→④校正・デザインチェック→⑤印刷

 

オンデマンド印刷とオフセット印刷の両方に対応されていますので、目的によって最適な方法を選択することができます。

 

樹林舎

 

名古屋市天白区井口1-1504 ユニーブル第三植田102

 

愛知県書店商業組合とタイアップ自費出版事業を実施されているなど注目度が高い。樹林舎口コミ&評判は要チェックですね。まずは気軽に相談してみてくださいませ!

 

みずほ出版

 

名古屋市瑞穂区塩入町17-6

 

詳細内容については現在リサーチ中です。最新情報を入手しましたら掲載していきたいと考えていますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

山菊印刷株式会社

 

名古屋市千種区千種3-33-11

 

個人出版及び自費出版を検討されている方は必見のサービスになります。主に自分史・小説・追悼集などの個人向けと記念誌・社史・同窓会誌などの団体向けの制作があります。1人で本を作るのではなく、複数名の仲間で作るのも楽しいかもしれないですね。一流デザイナーやDTPオペレーターのバックアップで高品質の書籍制作が可能となっています。具体的な流れについては下記の通りになります。

 

お問い合わせ→データ・原稿の入稿→打ち合わせ→編集・校正→印刷→装丁・製本→納品→確認→料金支払い

スポンサードリンク