自費出版の評判・比較

自費出版とは

自費出版(じひしゅっぱん)とは自分で費用を払って出版をすることです。ある程度の資金があり、自己負担できる作家や一般人にとって本を出版する選択肢の1つになります。ちなみに主な英訳は「Self-publishing」です。日常生活においては馴染みの薄い単語になりますが、自費出版の意味は文字通りになりますので、比較的分かりやすいのが特徴的になります。詳細を知りたい方もいると思いますので、「良い所」と「悪い所」を端的且つシンプルにまとめてみましたので、ご覧くださいませ。

 

なお、後ほど自費出版の評判・比較ランキングを紹介していますので、実際に評判&口コミ評価に優れている出版会社への相談・依頼を検討されている方についてはチェックしておいてくださいませ。自費出版費用安い・格安のおすすめ会社一覧を掲載しています。2ch(2ちゃんねる)噂や体験談で判断をするのも良いのですが、自分の目でスペックを確かめる作業も欠かせないですね。

 

メリット・魅力一覧

 

  • 自由度の高い本を出版できる
  • 一生の思い出・記念になる
  • 経験力・実績が付いてビジネスPRになる
  • 素人でも作家・小説家デビューできる
  • 交渉や人気次第では書店に自分の本が並ぶ

 

自費出版の最大の魅力はオリジナル性に優れた世界で唯一の本を作ることができるという点になります。大手出版会社に売り込みをしてデビューをするという道もありますが、すぐにでも小説家・作家になりたい!と考えているのであれば選択肢に加えておくべきでしょう。

 

また、定年後の60代・70代くらいの高齢者で後世に残したいという思いで検討されている方も結構います。孫や子供(娘・息子)に自分の考え方を伝えることができるのもメリットですね。

 

もちろん、10代・20代・30代・40代の若手でも本の著者ということでビジネスシーンにおいてブランド力になりますね。コンサルタントやその業界の専門家の場合ですと出版経歴があるか?は1つのステータスになることもあります。また、営業などの交渉においては信頼性・安心感という観点から有利に仕事を進めることができるケースは結構あると思います。

 

他にも1度は願望を描いたことがある人も多いと思いますが、近所の書店に自分の本が置いてあったらテンション上がりますよね?普通は誰でも嬉しいことだと思います。その感動のためにチャレンジしてみるのもアリだと思いますよ!

 

デメリット・注意点・リスク一覧

 

  • 費用は全て自己負担
  • 流通させる難易度が高い
  • ヒットしてメジャーになるのは稀
  • 売れ残りのリスクがある
  • 利益・儲けることを第一に考えている人には向かない

 

自費出版費用って安いの?高いの?と思っている方もいると思いますが、それなりの予算が掛かる点については留意しておくべきです。(詳細の予算相場価格・値段は後ほど解説していきたいと思います。)

 

また、内容が良ければ作品が売れると本気で思っている方もいるみたいですが、そもそも見てくれる人が少数の場合ですとツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどのSNSの拡散(バズる)可能性は極めて低いと言えます。インターネットマーケティングのプロがシッカリと売り込みをしても売れる部数は大したことないので、素人同然の方が上手にプロモーションするのは至難の業であると言えるでしょう。

 

目先の利益・売上を重要視されている方には向かないと思います。単純に儲けたいのであれば他に山ほどビジネスの選択肢はあるはずです。概ねのデメリットとして挙げられるのは全体に言えば出版費用に対する売上が利益にならないで損失になる場合があるというリスクになります。「いや~印税収入で稼ぐのって案外難しいですよ~!」

自費出版の費用相場まとめ

予算を作るためにある程度の価格・値段金額の相場を把握するのは必須です。

 

ただ、自分の求める内容によって自費出版費用は格安になることもありますし、高額になるケースもあります。当然、安い・激安を目指すのであれば出版のクオリティを下げることになりますが、「拘る部分」と「どうでもいい部分」を明確にすることでコストパフォーマンスに優れた自費出版をすることが可能になります。

 

主な選ぶ項目一覧

 

担当者に予算を伝えて決めなければいけない項目をいくつかピックアップしてみました。

 

  • 流通タイプ(アマゾン販売、自己営業、委託配本など)
  • カラー(白黒・モノクロ、フルカラー、ページごとの判断)
  • 書籍のサイズ(A4、B5、B6、新書判、文庫判、菊判など)
  • ページ数
  • 印刷部数
  • カバー・帯
  • 装丁デザイン
  • 用紙(上質紙、アートポスト、レザック、クリームキンマリ、コート紙、ニューVマット、b7ナチュラル・トラネクストなど)

 

上記の選択肢によって安い自費出版になるか?が決まってきます。格安を求めすぎても理想と離れてしまうので厳密に相談をして決めるのが理想的ですね。また、予算が少ないのであれば思い切って捨てる所は捨てて良いと思いますよ!例えばカラーである必要性は別にないと考えているのであれば白黒でOKですよね?これだけでも結構金額が違ってきます!

 

予算別の自費出版費用相場をまとめましたので、ご確認くださいませ。

 

予算(多い)

 

500万円以上

 

予算(普通)

 

200万円~300万円

 

予算(少ない)

 

30万円~150万円

 

無理に高い料金を支払う必要はありません。予算的にゆとりがないのであれば最初は少額からスタートするのもテクニックの1つです。

【決定版】自費出版おすすめランキング

自費出版の出版社比較ランキングに興味ある方必見のメインコーナーです!評判&口コミ評価に優れているサービスに厳選して掲載しています!

 

基礎編~自費出版依頼の選び方

 

優良サービスには共通点がありますので、抑えておきましょう。

 

①24時間全国受付対応
②相談無料(0円)
③集客コンサルサービス充実
④実績ある編集者在籍

 

上記の4つの項目を満たしている出版会社を選ぶと失敗確率を下げることができます。また、実際に成功事例がいくつもあるか?という点についても着目しておきたいところではありますね。

 

出版会社おすすめランキング

 

まずは気軽に無料相談・見積へ!

 

 

集客・ブランディングに強い

 

出版経験の無い初心者でも万全のサポート体制でフォローしてくれます。自社のプロモーション強化をしたい経営者や個人事業主に人気のある出版会社になります。何度でも相談0円ですので、まずは気軽にお問い合わせをしてみましょう!

 

 

自費出版のプロフェッショナル

 

1冊~1000冊程度まで幅広い自費出版に対応されています。予算規模が大きい方よりも少部数で検討されている方におすすめすることができます。高品質で低価格が人気の理由になっていて、実績についても年間500冊以上を出版されていますので、申し分はないと言えるでしょう。自分史・自叙伝を残したい方などは必見です!

 

 

電子書籍の出版を検討されている方向けのサービスになります。アマゾンキンドル(Amazon Kindle)への24時間営業販売に興味がある方は必見です!最大70%の印税比率は魅力的ですね。


おすすめ出版社へ無料相談

スポンサードリンク


更新履歴