個人出版おすすめランキング

個人出版おすすめランキング~費用・メリットまとめ

個人出版(こじんしゅっぱん)とは文字通り個人で本(書籍)を出版することです。

 

日本国内においては自費出版と呼称されるのが一般的になります。簡単に言えば「自費出版」の種類の1つが「個人出版」と言えば分かりやすいのかもしれないですね。なお、後ほど個人出版口コミ&評判に優れている出版社比較のコーナーを作成していますので、おすすめランキングに興味がある方はチェックしてみてくださいませ。個人出版費用安い・格安で依頼するテクニックについても触れています。

 

個人出版のメリット・デメリット

 

「良い部分」と「悪い部分」を知ってもらうために魅力やリスクを簡単にまとめてみました。

 

メリット

 

  • オリジナル性の強い作品を追求できる
  • 著者は全てを決定する権限を持つ
  • 予算が作れれば誰でも気軽にチャレンジできる

 

責任をもって最初から最後まで手掛けることができますので、ルールを守れば文句言われることがほとんどないというのが最大のメリットであると思います。まさに「世界で1つだけのオーダーメイド出版」を自分でできると考えると分かりやすいと思います。また、一般的に世間に知られている有名作家である必要はなく、全くの素人でも予算があれば挑戦することができます。雑誌、絵本、小説、漫画、自伝など様々な種類の中から自分が後世に残したい作品を作ると楽しみやすいと思います。

 

デメリット

 

  • 印税を得ても利益にならないで損失になるケースがある
  • 細かい内容まで隅々決める必要があるから手間
  • 流通ルートの確保が難しい

 

単刀直入に言えば”情熱をもって取り組むことができるか?”、”印税による利益重視以外が目的か?”という点が大切になると思います。

 

というのも個人出版は結構大変ですし、時間も掛かります。初心者で日常生活が忙しい方が試みるにはある程度の覚悟が必要になるでしょう。また、電子書籍でも何でもそうですが、個人出版の印税利益はハッキリ言って期待しない方がいいでしょう。収支による利益・損失で言えば成功例は少なく、むしろ失敗確率の方が高いでしょう。但し、たとえマイナスになったとしてもそれ以上に大切な目標や目的があればモチベーションを維持することができるはずです。個人出版で稼ぎたい・儲けたいと考えているのであれば他のビジネスを検討した方が良識です。

 

個人出版費用や平均料金相場とは?

 

近年においては電子書籍(Amazon Kindle)など低価格・値段で出版することが可能になっています。一括りに費用相場と言っても求める条件・理想によって様々になります。安い・格安個人出版をすることも可能ではありますが、そうなると当然品質に落ちますので、自分の理想と予算費用の兼ね合いがポイントになるでしょう。

 

激安・低料金でスタートするなら20万円~30万円程度でも可能です。一定以上にクオリティーで出版したいのであれば100万円以上の予算は欲しいところではありますね。安い料金で依頼するにはシンプルに複数の出版会社を比較することが大切になります。

 

【決定版】個人出版おすすめランキング

 

出版会社を比較するならぜひ検討対象に加えておきたいサービスです。

 

あなたに最適な出版種類を教えてくれるはずですので、まずは気軽に無料相談・お問い合わせをしてみてくださいませ。2ch(2ちゃんねる)噂や口コミ体験談では本質を見極めることはできません!