企業出版おすすめランキング

企業出版おすすめランキング~費用・メリットまとめ

企業出版(きぎょうしゅっぱん)とは簡単に言えば自社をPRするための本の出版になります。ちなみに英訳でin-house publishingですので、覚えておきましょう。

 

一企業の存在を社会全体には様々な努力や手間が必要になります。特に創業間もない法人の場合ですと苦労は2倍、3倍になるはずです。知名度向上を目的にした企業出版(ブック・コンサルティング)は今後のトレンドになるはずです。ページ最後には企業出版おすすめランキングや安い・格安費用で比較するコツなど実際に興味がある方向けの最新コンテンツを用意していますので、ぜひ参考にしてくださいませ。

 

まずは基礎知識からどうぞ!

 

具体的に企業出版の魅力・メリットを教えて!

 

冒頭で企業出版の意味について簡単に触れていますが、その詳細を話していきたいと思います。

 

具体的には下記の効力発揮を書籍を使って狙うことができます。

 

それがイコールでメリット・利点に繋がってきますので、チェックしておいてくださいませ。なお、初心者向けに用語・単語の解説付きで説明しています。

 

マーケティング

 

一言で言えば販売戦略になります。下記で紹介しているブランディング、プロモーションなども該当します。

 

マーケティング業務の具体的な流れについては下記の通りになります。(状況によって順序が異なります。)

 

  1. 市場調査(リサーチ)
  2. セグメンテーション(Segmentation)
  3. ターゲティング(Targeting)
  4. ポジショニング(Positioning)
  5. マーケティングミックス
  6. インプリメンテーション
  7. 見直し・改善・維持

 

リサーチでは顧客・競合他社・自社の強味などを絡めて市場調査をしていきます。セグメンテーションではさらに市場に関する情報を細分化して分析します。続いてターゲティング・ポジショニングでは狙うべき市場を明確にします。例えば英語というジャンルがある場合ですと大人向け英会話教室、オンライン英語、英語教材、幼児向け英会話、TOEIC得点アップなど様々な領域がありますね。

 

さらに加えれば大人向け英会話教室の場合でも20代・30代の若手社員の若年層をターゲットにするか?40代・50代の企業の課長・部長など幹部クラスをターゲットにするか?でサービスのコンセプトが違ってくると思います。

 

ブランディング

 

簡単に言えば会社のブランド価値を高める施策になります。また、認知されていない商品・サービスのブランドを育成して強化します。

 

大げさな例で言えばエルメス、グッチ、ルイ・ヴィトンなど世界屈指のブランドとタッグを組んで新しいバッグや洋服(ファッション)などを開発すれば企業としての信頼性は向上することは間違えないでしょう。もちろん、設立して1年・2年の会社がそのような大型提携を成し遂げるのは非常に困難ではありますが、イメージ的にはそのような感覚です。

 

プロモーション

 

一番分かりやすい例で言えばテレビCMですね。プロモーションとは多くの消費者に存在を知ってもらい、購買意欲を上昇されせるためのマーケティング戦略になります。単に露出をするのではなく、いかに関心を持って見込み客を作ることができるか?がポイントになります。

 

インターネットからのアプローチであれば・・・

 

  1. Yahoo!プロモーション広告(リスティング広告)
  2. Google AdWords(アドワーズ)
  3. アフィリエイト広告(成果報酬型)

 

上記が有名な施策になります。

 

エデュケーション

 

企業出版では能力開発や自己啓発を意味します。

 

ソリューション

 

IT業界で使われるケースが多い単語です。ソリューションとは「問題及び課題解決」と「要望・欲求の満たすサービス」を組み合わせることを言います。難しいような気がしますが、シンプルに悩まされている問題に対してニーズに合った商品を提供すると考えればいいでしょう。

 

その結果として・・・

 

上記の効果によって様々な良い影響力が及ぶ可能性があります。

 

  • 商品・サービス売上UP
  • 新規顧客獲得
  • 人材採用(リクルート対策)
  • 事業のブランド価値上昇
  • 投資家に企業PR

 

企業出版に向いている人~おすすめ対象者とは?

 

①企業経営者・役員
②個人事業主(自営業・フリーランス)

 

企業マーケティングが目的になることが多いのですが、

 

法人ではなく、個人のブランディングを目的に企業出版をするのも1つの手です。自己啓発セミナーやコンサルティングを仕事にされている方であれば自分の価値を高めることで信頼性アップにつながり、新規顧客を獲得することができるケースもあると思います。

 

「あっ!この人本書いてるだ~」

 

「読んだことがある著者だ!!」

 

なんてイメージをもってもらうことができれば仕事を有利に進めることができる場面もあるでしょう。また、私個人として特におすすめしたいのは弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、行政書士、社会保険労務士、弁理士、不動産鑑定士などの専門分野を持った士業系で独立開業をされている方ですね。非常にマッチングする部分があると思いますので、ぜひ検討してみてくださいませ。

 

企業出版費用・料金の相場まとめ

 

90万円~400万円(推測)

 

正直な話を言えばケースバイケースになりますので、正確な平均費用の金額を算出するのは難しいです。単行本か?新書か?コーポレート文庫か?などによっても違ってきますし、ページ数や出版部数も様々だと思います。企業出版安い・格安費用で依頼をするために一番手っ取り早いの無料相談をして見積を取ることです。

 

【決定版】企業出版比較ランキング

 

 

企業出版口コミ&評判で人気のあるサービスになりますので、絶対に比較対象には加えておきたい存在になります。業界屈指の実績と実際に依頼した方の体験談による評価は超一級品です。まさに王道中の王道と考えて頂ければと思います。