商業出版おすすめランキング

商業出版おすすめランキング~費用・メリットまとめ

商業出版(しょうぎょうしゅっぱん)とは出版社に本の出版に関する制作費やプロモーション・マーケティング費用を負担してもらう方法です。業界内においては一番オーソドックスなビジネスモデルであり、商業出版にはメリット・デメリットが様々あります。まずは多くの方が疑問に思っている類似の言葉との違いについて解説していきたいと思います。なお、後ほど商業出版おすすめランキングを紹介していますので、評判&口コミ評価の検証を考えている方は必見です!

 

自費出版と商業出版の違いは何?比較

 

イマイチ理解することができない方のために簡単に説明をすると・・・

 

自費出版・・・①著者が全額費用負担②著者の印税率高い

 

商業出版・・・①出版社が全額費用負担②印税は著者と出版社の按分するので低い

 

自費出版の詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

企画出版と商業出版の違いは何?比較

 

簡単に言えば商業出版の種類の1つと考えておくといいでしょう。出版社が費用を全額負担してくれるという点については一緒ですが、公募で優秀な作品や自ら持ち込みをした無名の作家のなどの本を出版する場合が使われるケースが多いのが特徴的になります。

 

自分で企画して売り込み→出版決定

 

難しく考えるのではなく、上記のイメージで良いと思います。

 

企画出版の詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

商業出版のメリット・デメリット

 

メリット

 

  • リスク低い
  • 流通しやすい
  • 作品がヒットする可能性がある
  • 予算0円でもOK

 

商業出版費用安い・格安で調べている方にとって非常に朗報なのがそもそも出版社が全額負担してくれますので、著者は貯金0円でもOKということです。資金を集める必要がありませんので、会社に認めてもらうことができればスムーズに世の中に本を出すことができます。出版社は売れた部数によって利益になりますので、プロモーションには力を入れてくれます。そのトレンド(流行)に上手に乗れば一躍時の人になることも十分可能でしょう。ノーリスク・ハイリターンを狙う方にとってもおすすめです。

 

デメリット

 

  • 度重なる修正依頼
  • 出版社の意志が作品に反映される
  • 利益率が低い
  • 企画持ち込みは失敗率が高い

 

出版社は金銭面でリスクを負っていますので、何もかも自由にやらせてもらえないケースが多いのがデメリットとして挙げられます。意志に反する場合には何度も修正依頼をされるケースもあります。そもそも、商業出版は一定の能力を認められないと叶えられませんので、全くの素人で成し遂げるのは至難の業です。

 

商業出版おすすめランキング

 

商業出版と自費出版の良いところ取りをしているのが下記のサービスになります。きっとあなたの求めることに対して力になってくれるはずです。

 

まずは気軽に無料相談へ!