ビジネス書の出版社ランキング

ビジネス書の出版社おすすめランキング~持ち込み募集まとめ

ビジネス書とは仕事やお金に関連する書籍のことです。例えば自己啓発本、ハウツー本、マーケティング、経営者の自叙伝、営業ノウハウ、お金を稼ぐ方法、経済などその種類は非常に膨大の数に分類されています。今回紹介するのはビジネス書の出版方法に関するテーマになります。一般的にハウツー本や自己啓発本を出版したい!と考えた時に一番手っ取り早い方法が企画持ち込み又は原稿募集に応募することです。資金が潤沢の富裕層や成功者であれば自費出版・企業出版という方法もあるでしょう。なお、後ほどおすすめランキングや評判&口コミ評価に優れているサービスを厳選しているコーナーを設置してありますので、実際に無料相談したい方は参考にしてくださいませ。

 

ビジネス書出版の費用は?ベストな選択を比較

 

パターンによって理想的な選択が異なります。

 

出版の依頼を受けた場合

 

  1. 商業出版(詳細はこちら
  2. 協力出版(詳細はこちら

 

主に上記の2つが一般的になります。商業出版であれば基本的に著者側は費用を一切負担しませんので、金銭的なリスクがありません。ただ、権限は100%出版社にありますので、作品のオリジナル性を追求しにくいのが難点になります。

 

一方、協力出版の場合は著者と出版社側で費用の負担を折半しますので、多少のリスクがあります。その代わり一定の権限を持つことができるのが特徴的になります。

 

執筆を依頼された場合のほとんどは商業出版になります。また、話がある前に既にビジネス書を出版したい!と考えていたという方については続いてのコーナーを要チェックして頂ければと思います。

 

依頼が無い場合

 

  1. 自費出版(詳細はこちら
  2. 企業出版(詳細はこちら
  3. 企画出版(詳細はこちら

 

「自費出版」と「企業出版」は掛かる料金は全額自己負担になります。企画出版は持ち込みや出稿募集に応募して選ばれる必要があります。狭き門で成功確率は低いのですが、出版が決定すれば費用負担は0円が一般的になります。

 

ビジネス書出版の目的はブランディング・反響を得ることで、印税による利益を第一優先に考えている方は少ないと思います。それを考えると「依頼が無いケース」は企業出版がベストであると言えるでしょう。一定のノウハウを借りることはできますが、常識的な内容であれば100%自分の伝えたいことを書くことができます。

 

「依頼があった」場合においても出版社の意見に左右されることなく、自己表現をしたいのであれば企業出版を選択するのも1つの手です。

 

費用・価格相場まとめ

 

*自費出版又は企業出版でビジネス書を作る場合

 

100万円~500万円

 

文字数・ページ数・部数など項目によって異なります。なお、ボリュームを意識されている方もいるみたいですが、薄い内容になるくらいであれば文字数を減らすのも1つの手です。一番大切なのは役立つ知識が掲載されているか?です。

 

ビジネス書出版おすすめランキング

 

安い・格安で比較したい方も評判の良い出版社を選びたい方についてもまずは気軽に無料相談することが大切です。人気があるのはココだ!

 

ビジネス書の出版社ランキング記事一覧