経営者(社長)のための本出版

経営者(社長)のための本出版って何?

企業のブランディングで注目されているのが「経営者の本出版」です。

 

株式会社の社長等の会社役員の役割と言えば株主の利益を還元することです。

 

少しでも売上アップ、経常利益アップを目指している方は多いのではないでしょうか?そんな企業の業績を向上させたい意識の高い方におすすめのページになりますので、最後までチェックして頂ければと思います。

 

経営者の出版とは?事例を紹介!

 

  • 社員のマネジメント関係
  • 自己啓発系
  • 社長の自叙伝
  • 会社経営関係

 

上記は一部になりますが、様々な種類の出版をされている経営者の方は結構多いのです。

 

東証一部上場企業の社長など大きな会社の役員だけではなく、従業員数が10名以下の中小企業の経営者の方でも出版されている方もいますので、会社の規模問わずに検討してみてはいかがでしょうか?

 

経営者が出版するメリット

 

  1. 自身・会社の知名度アップ
  2. 売上アップ
  3. 人材採用の強化

 

大きく分類すると上記の3点がメリットになります。本を出版することは”印税で稼ぐことが目的”と考えている人は多いと思いますが、経営者の出版の場合は本を売る利益ではなく、会社とってのメリットを優先するのが一般的です。

 

ですので、印税で出版費用を回収することができない事例もありますので、赤字になるリスクもあります。

 

しかし、出版事体は赤字になっても、結果的に企業の知名度アップに成功して、優秀な人材の獲得や売上アップに繋がっている事例も多数ありますので、トータル的には検討する価値は十分にあると思います。

 

本を読んでもらうことでファン層を掴むことも可能ですし、今まだ知らなかった人も会社を知ってもらうチャンスです。様々な可能性があるので挑戦してみてはいかがでしょうか?

 


企業出版おすすめランキング

スポンサードリンク